【事実は小説より奇なり】

・シナリオ作家として企画を考えていたときでさえ、思いつかないことが現実で起きることは多々あります。


今週アメリカで行われる就任式について、個人の方たちの配信を拝見していますと、数人の方が同じシナリオを思い描いておられました。

シンクロなのかもと思い、今日はそのお話を書いてみたいと思います。

あくまでも、ひとつのシナリオなので、ご了承くださいませ。

~~~~~~~~

アメリカ時間20日、就任式は、大量の逮捕者が出る。
その中には、B氏の名前もあるかもしれません。
もしB氏が逮捕されてしまったならば大統領になれません。T大統領も任期切れとなり、就任する大統領がいなくなります。

アメリカは大混乱になります。そこで、大統領が正式に決まるまで軍が暫定的に掌握します。

その間、本当に不正があったのか、あったならば正当に選挙を見直し次期大統領が正式に決まる。というものです。

~~~~~~~~

これまでの多々ある情報をつなぎあわせて考えられたひとつのストーリー。

なぜ大量の逮捕者が出るのか、どんな理由で逮捕されてしまうのか、それは、ご自身でお調べになられてみてください。

私も、今回の件について詳しい方たちからお話をお聞きしたり、自分でも調べたり、アメリカ在住の友人に聞いたりして自分の感覚で、このストーリーが一番スムーズなのかもしれないと思っています。



そして、今、日本人のGさん(若い女性の方)が、現地に入ってリポートしておられます。


街は閑散としていて、就任式のお祝い前なのに、お祝いムードを感じられません。
州兵がバリケードの向こうにいます。



さて、真実は?

それは当日わかることではありますが、このことで多くの方が目覚めていくことになると良いですね!

想定外のことが起きたとしても、驚かないように、想定外が起きることは想定内だと思えば、すべては想定内。

自分軸と自信を持って俯瞰して見守ることができますように☆



最後までお読みくださってありがとうございます!