【超過死亡】




今の日本は、とてもとても不思議なことが起きています。



コロナが日本に入ってきて大騒ぎになった2020年。

このままだと40万人以上の死者が出ると話した医師がいらっしゃいました。



けれども、実際は日本は世界でも最小の感染者数でした。
前年の2019年の死者数と比べますと、死者数は逆に減っていました。
亡くなる人は思っていたよりそんなに多くないどころか、むしろ皆さん長生きされていたのですね。



人口の増減を厚労省が毎年発表(人口動態統計と言うそうです)データで分かった事実です。



2020年と言えば、ワクチンは未だ誰もしていなかった年です。
救世主と言われたワクチンですが、日本人は何もしなくても自己免疫だけで良かったのではないかと話す方もいらっしゃいます。


2020年は、前年と比べると逆に9000人程死者は減っていたのですから。



不思議ですよね。

コロナで40万人以上亡くなるとおっしゃっていた医師の話がほんとうでしたら、死者は40万人以上増えているはずです。

けれども、逆だったのですね。





そして、2021年には、コロナの救世主と言われたワクチンが医療従事者を先行に始まりました。
救世主がやってきたはずなのに、この年、戦後最大の145万人超えた死者数でした。
例年130万台程の死者数だったことから、この数字は、大ニュースになるはずの数です。




超過死亡とは、

たとえば、前年の12月に10万人亡くなったとします。
今年の12月に11万人亡くなったら、その差の1万人を「超過死亡」と言っても間違いではありませんが、本来は精緻に算出法で導かれた数値なのだそうです。
よしりん先生が分かりやすくグラフにされていますのでご覧くださいませ。※




昨年2021年は、戦後最大の超過死亡と言われていました。
「東日本大震災」の死者5万5千人を超え、6万7千人の超過死亡だったのだそうです。



今年2022年はなんと、さらにそれを上回る超過死亡となっていて、多くの方がお亡くなりになられています。

2021年の時より、今年の9月までで約8万3千人の超過死亡。

この数字は「長崎原爆」の時の死者数を超えています。



ワクチン接種が始まった2021年から今年9月までの1年9か月の死者増の累計は約15万人。

これは「広島原爆」の時の死者数14万人を超えます。



よしりん先生は、この異常な死者数増の原因を、 「日本は大震災がありましたか?戦争がありましたか? ないですよね。コロナはありましたが、コロナで亡くなったのは約2~3千人。
他の死因でもPCR陽性ならコロナ死とカウントされて約3万人。それ以上の数です。いつもの年は無いのに2021年にあるものは、○○しかないでしょう」とおっしゃっています。



よしりん先生がおっしゃることが本当だとしたら、なぜ政府は立ち止まって検証しないのでしょう。。



そして、私はこの大ニュースをマスコミはどこも報道しないこと。
そのためほとんどの国民は知らないこと。

莫大な数の死者が増えている原因を追究しない、疑わしきワクチンは検証結果も広報されないまま。
それなのに、なぜ乳幼児さんにまで推進するのか…。


そのことが不思議で不思議で仕方ないのです。




今回も私の話は鵜呑みにされないでくださいね。
もしかしたらやはりそうなのかな、おかしいなと思われた方は、ぜひご自身でもお調べになられてみてくださいませ。

原因ははっきりさせて、スッキリする方が私たち庶民は安心して過ごせるのではないかと思います。



安心は誰かが持って来てくれるものではなく、自分の心の奥で感じるもの。



不安やモヤモヤが、無意識の中で膨れ上がってしまう前に。

大丈夫。しっかり解毒治療してくださる医師は増えてきています。

誰にも言えなくて不安な人も、全国に有志医師の会、有志看護師の会、有志父母の会、有志子どもを思う会、有志僧侶の会etcと次々に出来てきています。



おかしいなと思ったらおかしいと言える仲間を✨
おかしいことをおかしいと言い合える素敵な仲間を増やして参りたいものでございますね!









最後までお読みくださってありがとうございます!✨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください