常識ってなに?業界の常識は一般企業の非常識


ご訪問くださってありがとうございます!

今日は、「常識ってなに?  業界の常識は一般企業の非常識 」のお話を書いてみたいと思います。



同期の作家仲間と夜ご飯を食べた時の話です。



私たちが、都内某所の制作会社に行って、週一で会議をしていたころ、休日もなく、また徹夜続きで仕事をすることや、会議に遅刻、早退するのは、羨ましいと思ったものです。


それは、「売れっ子作家の証」と、思っていたからです。



また、会議中に携帯が鳴るのは、それだけ仕事をたくさん抱えていることであり、迷惑というより、羨望の的でした。



金曜の夜や、休日を楽しむサラリーマンと違って、お休みの日は、居心地が悪く感じました。



それは、仕事がないということであり、そのころは、真剣に落ち込んでいました。




十数年経った今、お互い、当時は、同じ思いを抱えていたのだとわかり、大笑いしました。



私はその後、様々な人を取材したり、教育関係の仕事にも携わらせていただいて、会議中は携帯オフにすることや、遅刻早退は厳禁と知り驚きました。



仕事だけでもこれだけ違うのですから、地域や年代、また国が違うと、常識もさらにいろいろ違ってくると思います。




もし、あなたが非常識だなと思う人がいたら、世の中にはさまざまな常識があることをまだわからない人なのだ、と大きく見守ってくださると有難いです。



私も、そういう方たちに支えられて、これまでなんとかやってこれましたから。






最後までお読みくださってありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください